人間関係で会社を辞めたくなりましたの詳細

人間関係で会社を辞めたくなりました

"会社に長く勤めるのに大切なことは、仕事に対するやりがいだったり、
お給料だったり、いろいろあると思いますが、
一番大切なのは人間関係だと思います。

私が勤めていた会社は、女性も多い会社でした。
女性が複数いると必ず派閥のようなものができます。
私の会社もそうでした。
年配の女性がその派閥の長になり、仕切っています。

もちろんその派閥に属さない意志の強い人もいましたが、
大体はどこかの派閥に入っていました。
その集団ごとに会議室に集まってランチを食べます。
話題に他のグループの悪口を言うこともあります。

それがとても苦痛でした。
好きでもない人、どう考えても気の合わない人と、
仲良く付き合わなくてはいけない。
勤続が長くなってくると、本当に気の合う人はできるんですが、
その人は他のグループだったりするので、会社帰りにこっそり会ったりしていました。
そんな事に気を使わなくてはいけないって、おかしいですよね。

そして、退職が出たりすることで、その勢力が強くなったり弱くなったり。
私はグループの中で、結構仲良くしていた人が退社していなくなるたびに、
どんどん会社を辞めたくなりました。
仕事にやりがいもさほど無かったし、お給料も高いわけじゃなかったし、
それで、人間関係がつまらないともう本当に続けられないです。

人間関係が良くて、居心地の良い会社なら少々お給料が少なくても
私は会社を続けられます。
やはり仕事を長く続けるには人間関係が一番大事です。
"