ショールームの派遣

おすすめ

ショールーム求人が多い人材派遣会社まとめならやりたい仕事がきっと見つかりますよ♪

最新の設備が整ったショールームで働きませんか?新しい商品を一番に試せるかも!?刺激がいっぱいのショールームの募集は求人数で選びましょう!まずはランキングを参考にして登録してみませんか?

ショールームの派遣のお仕事について

ショールームのお仕事といえば、すてきな家の展示会やショールームにある製品の管理、アドバイスなど、家族の夢がいっぱい詰まったお仕事の一つです!
今回はそんなショールームでのお仕事について詳しく見ていきたいと思います。

ショールームの派遣の仕事内容とは?

ショールームでの仕事は主に3つに分けられています。その3つを大まかに紹介します。

1:ショールームでのお客様応対
2:ショールームの管理
3:デスクワーク

中にはこのうちの1つずつ部署で区切られている企業などもありますが、大まかに分けるとこの3つが業務として挙げられます。ショールームは接客・営業・事務を兼ね備えている仕事なので、大変やりがいのある仕事です。それでは、さらに細かい実務に関しても見ていきましょう。

1:ショールームでのお客様応対

主にショールームに来訪されるお客様の接客、案内、そのほかアシスタント業務などを行います。フロア案内などの簡単なものから、製品の説明や販売促進などの踏み込んだ仕事を任される場合もあります。

ショールームの窓口のような存在になりますので、派遣であったとしても会社にとっては非常に重要なポジションです。そのほかの実務には予約・問い合わせなどの電話応対や、企業によっては営業に近いアプローチをすることもあります。お客様の話のヒアリングをしなければならない立場なので、自分でプランニングが実現できる企業もあります。

2:ショールームの管理

ショールームの管理は展示品やディスプレイを整備したり、カタログや在庫の管理・整頓などショールームの美化・整備に努める仕事です。ショールームの美しさでお客様の購買意欲は大きく変わってきますので、美的センスや配色のセンスなどを持ち合わせた方は重宝されます。

しかし、管理業務はセンスだけではなく気配りも重要になってきます。カタログの消費具合の把握やディスプレイの細かい乱れを直したりと目配り・心配りができる方に向いています。

3:デスクワーク

最後のデスクワークはオフィスワーク同様、顧客管理などのパソコン作業をはじめ、プラン設計や見積もりの作成、お礼状の作成、その他雑務が多くあります。お客様が来ていない間は事務作業が主となるところが多いので、初めは時間の使い方が難しいでしょう。

ショールームの仕事は幅広く、器用に様々な業務をこなす必要があります。そのため常に気を張らなければならない仕事ですが、大変責任とやりがいのある仕事です。

ショールームの派遣が勤務する日や時間帯

ショールームの派遣においてはほかの社員と同じ勤務形態になることがほとんどです。しかし、残業に関しては時給が発生してしまうので早く帰宅を促す企業か、お構いなしの企業なのかは勤めている企業によるのが現状です。

ショールームはほとんどが受付・接客業なので主に平日休みです。土日祝日は出勤が多いと考えておきましょう。勤務時間は9時〜21時の間で8時間がきていのところが多いですが、企業によってまちまちといったところです。

日中は店舗が常に空いているのでシフト制で回しているところがほとんどです。派遣で入社した場合はほかの人たちとのシフトの兼ね合いで勤務することになることになる可能性が高いでしょう。

ショールームの派遣の給料

ショールームの派遣の給料は東京都内だけでも幅が広くなっています。時給1,200円〜1,800円ほどとなっており、中央値は1,500円前後です。また、派遣の場合は交通費別途支給のところが多くなっています。

派遣・パートだから安い、高いなどの違いはほとんどありませんが、登録上派遣の方が高くなっているケースが多くなっております。しかし、受け取れる金額はほとんど変わらないのが現状です。給与に関してはほぼ変わりませんでした。それでは、続いて派遣で勤めるメリット・デメリットを見ていきましょう。

ショールームの派遣として働くメリット、デメリット

メリットは派遣であるがゆえに人間関係を気にしなくてよいところです。派遣の場合、一時期の手を貸す存在なので、人間関係を気にせずに仕事やシフト調整ができます。そのため、シフト制のショールームのような職種であった場合、割と休暇が取りやすいといったメリットがあります。

また、業務の一つに接客・営業が加わることによって、ショールームの仕事はノルマ(目標)が組まれてしまうことがあります。しかし、派遣であればこういったノルマも免除されることがあり、精神的には楽に仕事ができるといった面もあります。ただし、中には派遣であっても目標が与えられることもありますのでご注意くださいね。

一方、デメリットは派遣であることで他の企業に飛んでしまう可能性があることです。ショールームの仕事は人気職種ですので、一度外された場合は同じようにショールームには務めることができないかもしれません。

パートやアルバイトで企業に雇われた場合は雇用主がその企業となりますので、急きょ解雇になるようなことはありませんが、派遣の場合は雇用主が派遣会社になってしまいます。そのため、優先的に外されることもありますし、派遣会社の都合で他の企業に移される可能性もあります。派遣で働く場合は、それなりのリスクがあるということを知ったうえで働くようにしましょう。

ショールームの派遣がおすすめの方

人間関係を煩わしく感じる方には派遣の働き方はメリットが高いかと思います。シフト制が多いので、人間関係を気にせずさっぱりとお付き合いをしたい方向けです。

また、実力がある方は引き抜きにより、直接社員登用される方もいます。そのため、営業や接客の経験がある方は大変有利かと思います。それでは、パートやアルバイトといった働き方もありますが、こういった面ではどうでしょうか?

ショールームで働くのに派遣とパート・アルバイトどっちがいい?

ショールームは店舗ごとで採用していることも多いので、パートやアルバイトが在籍していることも非常に多いです。そのため、派遣よりも求人が多いこともあるでしょう。

また、企業単位で採用されている場合もあります。その例としてはショールームアドバイザー採用のTOTOなどがあります。そのほか契約社員が多い企業もあります。

パートやアルバイト、派遣のいずれにおいても研修制度が整っている場合が多いです。ショールームの研修は1週間以上設けられているところがほとんどです。その理由は、やはり突発的にできる仕事ではないからでしょう。それだけ難易度も高く、責任あるお仕事ということですね。

ショールームの採用人数がそれほど多い人数ではないので、基本的に倍率が高いというのが難点です。そのため派遣の場合はショールームの採用希望を提出し、採用されるまでほかの単発の仕事について待ち続けることもできます。

しかし、パートやアルバイト採用の場合、各店舗に履歴書を提出するところから始めないといけないので、なかなか採用に至らないというリスクもあります。

先に派遣会社にいくつか登録しておき、採用の機会を待つのも派遣のひとつの手段として捉えておくと良いでしょう。

おすすめの人材派遣会社ランキング

リクナビ派遣は求人情報が多いので、ショールーム派遣でお探しの方はおすすめします。東京都だけでも150件近くのショールーム派遣の仕事が検索できます。(2016年5月現在)

派遣でのショールームは採用件数が少ないので、検索してもHITしづらい傾向にあります。人材派遣会社に登録し、その上でマッチングしてもらうというのも良いでしょう。

そのほか、こちらは派遣・社員・パートなどの採用形態が不問であればindeedで探すのもおすすめです。そして派遣ではありませんが、第二新卒の方であれば建築・インテリア・建築業界の転職サイトのアイジスもオススメです。

また、店舗採用の場合は実際に気になる店舗に電話を入れてみるのもいいでしょう。

■1位
リクナビ派遣
>>リクナビ派遣の登録のページはこちら

■2位
indeed
>>indeedの登録のページはこちら

■3位
アイジス
>>アイジスの登録のページはこちら

総括

以上の内容から、ショールームの仕事は人気職種であり、なかなか勤めるにはハードルが高い業種であることが分かりました。

しかし、派遣でのショールームの仕事は紹介しているところが少ないですが、その分うまくいけば社員登用もあり得るなどのメリットも高いようです。チャンスを逃さないようにサイトで日々チェックしましょう!

また、ショールームの受付経験者などでなくとも、営業や接客経験者は採用に有利であることもわかります。

しかしその業務は幅が広く、営業・接客だけでなく事務や現場監督の要素もあるため目配りや気配りもできるかどうかも非常に重要視されます。その分、活かせるスキルや身に付くスキルも多いです。忙しく難しい仕事ですが、責任とやりがいのある職種です。

最新のエントリー一覧

派遣形式の持つ根本的な問題点
"派遣会社については、いろいろと思う事があります。 長く派遣社員をやっていまして...

ストレスなお仕事
"今までで一番辛かった派遣の仕事は「コールセンター」です。 損保会社のコールセン...